•  
  •  
  •  
  •  

焼酎との関係

宮崎の民謡「いもがらぼくと」の1番の歌詞に、宮崎人と焼酎との関係を分かりやすく表している部分があります。

 

「焼酎五合の 寝酒のお酌に
俺も嫁じょが欲しゅなった
貰ろた貰ろたよいもがらぼくと」

 

というところです。
これは、焼酎五合の寝酒のお酌のためにお嫁さんを貰いたい、つまりは嫁でさえ宮崎人にとっては焼酎のついでだといっているわけですね。
この歌詞はさすがに極端だと思いますが、ようするに宮崎人はこんな民謡が語り継がれるほど、昔から焼酎が大好きだということです。

 

焼酎大国

それ以外にも、「宮崎人は米を売って、焼酎を飲む」、「タバコは止められても焼酎は止められない」、「焼酎は人生の無二の親友である」など、宮崎人にとって焼酎がどれ位重要なものなのかが伝わってくるような言葉はたくさんあります。
さすがは焼酎の1人当たりの消費量全国1位、製造数量、課税移出数量がともに全国2位の、堂々たる焼酎大国といえるでしょう。
このように宮城人と焼酎は、切っても切り離せない関係にあります。

 

関連記事

観光スポット

物産品紹介

ひむか神話街道

宮崎の焼酎

恋愛スポット