•  
  •  
  •  
  •  

宮崎の焼酎

宮崎は焼酎大国といわれるぐらい焼酎で有名な県です。 妻・赤とんぼの詩・日向金の露・川越・宗一郎・万年・霧島・萬年・ひとり歩き・一壷春・暁・天保二年・ほしゃどん・姫泉・藤の露・園の露・そののつゆ・秘境蔵・御幣などが製造販売されている。
皆さんも聞いた事飲んだ事のある焼酎があるとおもいます。一時、大阪、東京で黒霧島、赤霧島が大変売れて、まぼろしのお酒と言われた事もあるぐらいなのです。
九州人国記にも書いてあるのですが、日向は、神様たちが「天甜酒」を酌み交わした地域だといわれています。時代が変わってもニッポンのふるさとの焼酎は、飲むほどに暖かくゆるやかなうねりに乗ったような陶酔に至る。神代の味である。 と言われるほどなのです。
県北の焼酎製造は穀物が優先で県南の焼酎製造は芋が優先になっている。なぜかというと、県北は大分県側からの清酒文化の影響によるもので県南は島津藩により芋焼酎がもちこまれてだといわれているのです。

関連記事

観光スポット

物産品紹介

ひむか神話街道

宮崎の焼酎

恋愛スポット