•  
  •  
  •  
  •  

天岩戸神社・天安河原仰慕窟

天岩戸神社には東西2つの神社があり、東宮は「天照大神(あまてらすおおみかみ)」・西宮は「天岩屋(あまのいわや)」を祭り、それぞれ社殿があります。主に天岩戸神社と呼ばれているのは西本宮。裏参道より渓流沿いの美しい木々に囲まれた歩道を10分くらい歩き河原に目をやると河原の石が積んである光景に出会います。

 

さらに奥へと歩くと、しめ縄によってたつ祭られた仰慕窟に到着します。

 

人間くさい神々

 

この天岩戸とは、弟のスサノオのいたずらに怒って、天照大神が隠れてしまった場所です。
その名のとおり太陽のような神がいなくなってしまった世の中は闇に包まれました。
心配した八百萬(やおよろず)の神々は天安河原の仰慕窟に集まって相談をして、どうにか天照大神を連れ出そうと画策します。
導き出された結論は、天照が隠れてしまった岩戸の前での大宴会をすることでした。
エッチな格好をした美しい神が踊り、それを眺める周りの神々が大笑い。
一人蚊帳の外の天照はついつい覗き込んでしまい、そこを引っ張り出されたそうです。
神様ってもっと厳かでストイックなイメージがあるものですが、相当人間くさい可愛い人たちなのです。

関連記事

観光スポット

物産品紹介

ひむか神話街道

宮崎の焼酎

恋愛スポット