•  
  •  
  •  
  •  

高千穂の神話スポット

まずはこのロマンチックな観光街道ひむか神話街道の起点の高千穂町について紹介していきたいと思います。
高千穂には太古の神々から伝承された土地が数多く残されています。
旅人にとっては、この町にいるだけで神々の息吹を感じることが出来る貴重な癒しの町といえるでしょう。

 

オノコロ島

 

伝説を辿るひむか神話街道の起点がなぜ高千穂なのか?
それはこの町に神々の起点が始めて地上に降り立ったオノコロ島があるからに違いありません。
現存する川の中州のような小さな島オノロコはまだこの世の中がどろどろとして生きるものが住めない神々の時代に、イザナギとイザナミが人の住める世界を作るための第一歩として作られた島です。
天と地を結ぶ橋の上から、二人の神は「天の沼矛」を沼の様な地表に突き刺しました。それを引き抜いた時のしずくが積もり積もって出来たのがこの島です。

 

この世の中の始まりはこのオノロコ島というわけです。
是非訪れてみてください。
ちなみに前述の2神はこの島で結婚式をしたようです。カップルで訪れるのも一興かと思います。

関連記事

観光スポット

物産品紹介

ひむか神話街道

宮崎の焼酎

恋愛スポット